2020マラソン・競歩の会場移転問題について

〜心豊かな次代を創る〜 都議会議員のあかねがくぼかよ子です。

2020マラソン・競歩の会場移転問題について、課題整理をしたうえで、会派方針を表明しました。

☑️入念な準備が必要であり、このタイミングで変えられるものでもない(準備期間の問題)

大会は「暑さだけ」を回避すればよいものではなく、テロ対策その他諸々の周到な準備があってこそ、上手くいくものです。移転させて何か問題が起こった場合、誰も責任が取れないやり方は、ありえないですよね。

☑️莫大な追加費用がかかり、既に実施済みの暑さ対策も無駄になる(費用の問題)

札幌移転に伴う費用は誰が持つのか決まっておらず、無責任な提案になっています。

☑️ホストシティの東京都との話し合いをせず決めようとしていること自体、上手くいくはずがない(意思決定プロセスの問題)

IOCや組織委員会の問題が現れていると思います。選手ファーストと言いながら、本当は別の利害を優先しているのでは?

日本経済新聞 該当記事:マラソン札幌開催なら経費は340億円超に 都民ファ試算

小池知事も今朝は緊急生出演されていました。

スポーツ報知:
小倉智昭氏、東京五輪のマラソン&競歩札幌開催案に「道筋として許せない。何のための投票なのかなって、腹立っている」

日刊スポーツ:
小池都知事、マラソン札幌移転「都民の8割が反対」

シェア拡散希望【マラソン・競歩会場はやっぱり東京であるべき】①東京2020大会のマラソン・競歩の会場を、IOCが突如「札幌」に変更する案を発表したことを受け都民ファ東京都議団では検討プロジェクトチームを立ち上げ、経緯の確認や具体的な…

都民ファーストの会さんの投稿 2019年10月25日金曜日

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =