女性の活躍は、女性の為ならず。

都民ファーストのあかねがくぼです。

今週から精力的に朝夜の駅での街頭活動をしています。
阿佐ヶ谷駅、浜田山駅、荻窪駅、阿佐ヶ谷駅
で街頭演説行いました。

これから6月までに杉並区の全駅をくまなく(何周か)
お伺いします!

さて、昨日の街頭では
「女性の活躍」を訴えたい気持ちが
ついつい先走り、
「女性、女性」と
連呼し過ぎた感がありますが?

最も私がお伝えしたかったのは、
以下の2点です。

  1. 女性の活躍とは、単にキャリアを積むことではない。
  2. 女性の活躍は、女性の為ならず。

1点目の
「女性の活躍とは、単にキャリアを積むことではない」
についてですが
活躍する方法が、男性同等にキャリアを積む
というワンパターンなものではいけない
と私は考えます。

もちろん、キャリアを追求することも
選択肢の1つでしょう。
しかし、
それよりも何よりも大事なことは
ひとりひとりの価値観や
ライフスタイルに合う形で
または、家庭生活における責任に応じて、
柔軟で多様性に富んだ活躍の方法を
女性それぞれが見つけられることだと思います。

そのために役に立つ支援をしていくことが
現代を生きる女性には有意義なこと
ではないでしょうか?

例えば、
柔軟な働き方の提案や、
企業と共に働き方を見直したり、
育休制度を復職の心配をせずに
2−3年取れるようにしたり、
自宅でもできる起業方法
特技や趣味から仕事につなげる方法など
女性がもっと自由に活躍するための
学びの場や、支援を拡充することです。

2点目の「女性の活躍は、女性の為ならず。」
について
家庭内で中核的な役割を担っている女性が
家庭外でも能力を発揮して活躍できると
女性は益々元気に幸せになれます。

そうなれば、旦那様やお子様、
そしてお爺様お祖母様へ
今まで以上に女性らしい気遣いや優しさを
発揮できるのではないでしょうか?

こうして、女性がもっと元気になれば、
会社や外の社会だけでなく、
家庭や地域でも
良い循環が期待できると思います。

多くの女性は、生活を充実させながら、
無理なく働くことを
望まれていると思います。
ですので、
そのために必要不可欠な
「働き方改革」も
「女性活躍推進」とセットで
取り組むべきテーマだと考えています。

PS:さすがに連日の寝不足で昼間に眠くなってしまいますが、なんとか気力で頑張ろうと思います!
応援よろしくお願い申し上げます。

友だち追加